SENDACHI 『先達はあらまほしき事なり』

何事にも案内人は必要です!



<< 「自己の成長がカギ」 : main : 「人を信じる度合い」 >>
スポンサーサイト

一定期間更新がないため広告を表示しています

スポンサードリンク : - : : - : -
「人を疑うことのメリットとデメリット」

 「ダマされるのではないか」「裏切られるのではないか」などと、人を疑ってしまうことがあると思います。人を疑うのはあまり気分がいいことではありません。

 疑うことでダマされない、というメリットがあります。でもそれは、少しでも気をつけていれば大丈夫な場合が多いでしょう。
 また、ふと人を疑うことを考えてしまうのはしかたがないと思います。
 「少しは疑ってもいい」と考えたほうがいいでしょう。

 疑うことのデメリットもあります。
 まず、疑うことでイヤな気もちになります。人を疑う自分に嫌悪感をもってしまう人もいるでしょう。

 疑うことで関係が良くなるということはないのでないでしょうか。強い疑念は自分の言動に何かしら現れ、つきあいに消極的になったり、対応がぎくしゃくしたりすることもあるでしょう。そういうものが相手にも伝わり、関係が悪くなる可能性のほうが高いでしょう。
 露骨な表現をしてしまえば、相手も疑われていることを感じてしまいます。
疑われた相手がどういう気もちになるかは、自分が疑われた場合を考えてみればわかると思います。

 人を疑っている自分に気づいた時には、「これ以上疑っていいことある?」と自問してみるといいと思います。
 「これ以上疑ってもいいことない」と考えることができれば、疑うことをストップできるでしょう。

 自分が相手を疑うことで、その人との関係が悪くなってしまうのは、自分が望むことではないでしょう。

 人を疑ってしまった時には、疑うことのメリットとデメリットを考えてみてはどうでしょうか。
ISAO : 日記 : 07:25 : comments(0) : trackbacks(0)
スポンサーサイト
スポンサードリンク : - : 07:25 : - : -









天国の五人
天国の五人 (JUGEMレビュー »)
ミッチ・アルボム, 小田島 則子, 小田島 恒志

▲top