SENDACHI 『先達はあらまほしき事なり』

何事にも案内人は必要です!



<< 慢性的な問題があっても : main : 慢性的な問題があっても >>
スポンサーサイト

一定期間更新がないため広告を表示しています

スポンサードリンク : - : : - : -
慢性的な問題があっても
 自分の身体や心に慢性的な問題があっても、ちゃんと生きることや生活を愉しむことをあきらめてしまうのは、自分のためによくないでしょう。自分の問題とうまくつきあい、問題を抱えている自分とうまくつきあっていくことが大切だと思います。

 そのためにはまず、自分の抱えている問題をしっかりと認知し、自分の一部として「うまくつきあっていこう」と覚悟することだと思います。
 そして、長い目で改善できるように努力したり、多少の痛みがあってもそれなりの生活をしていく努力と工夫をすることが肝心でしょう。

 「自分にはこの問題があるから」とあきらめたり、よりよく生きる努力をしないことがいちばんの問題ではないでしょうか。
ISAO : 日記 : 07:47 : comments(0) : trackbacks(0)
スポンサーサイト
スポンサードリンク : - : 07:47 : - : -









天国の五人
天国の五人 (JUGEMレビュー »)
ミッチ・アルボム, 小田島 則子, 小田島 恒志

▲top