SENDACHI 『先達はあらまほしき事なり』

何事にも案内人は必要です!



<< 人を信じる度合い : main : 苦にしない心がけか、上達の努力か >>
スポンサーサイト

一定期間更新がないため広告を表示しています

スポンサードリンク : - : : - : -
頭をかいて笑ってしまえ
 私は何かを考えてイヤな気もちになっているのに気づくと、「(自分も)まだまだ未熟だなぁ」と苦笑いすることがよくあります。そうすると力が抜けて、ラクに考えられるようになります。
 イヤな気もちになるような考え方をしてしまうのは、「自分が未熟だから」だと考えます。もっと成熟した人間だったら“くよくよ”“イライラ”しなくて済むはずです。

 「自分は未熟」というのは悪い意味で使っているのではありません。事実を認めているだけです。しかたがないのです、実際に未熟なのですから。
 「未熟だ」という自覚があるから、自分を育てようと心がけるのです。未熟だから成長する余地もあるのです。
 そして、今はその途中なのだから「まだしょうがない」と思うことができます。
 でも、いつかはあまり“くよくよ”“イライラ”しない自分になれるはずだ、という希望もあるわけです。

 自分が“くよくよ”“イライラ”しているのに気づいたら、「まだまだ未熟だなぁ」と頭をかいて笑ってしまえばいいのです。
 でも、それに気づける自分は「まぁまぁかなぁ」とか思えたりもします。
ISAO : 日記 : 07:34 : comments(2) : trackbacks(1)
スポンサーサイト
スポンサードリンク : - : 07:34 : - : -
いや〜、田内さん。

いつも拝見してますけれど(gooRSSに登録済み)(^−^)
何だか自分の事を言われているようで、恥ずかしくなります。

ちなみに出勤途上で書かれてるのですか?
イシイ : 2005/03/07 4:23 PM

いや〜ぁ、受け売りですから・・・

書いてるのは、会社についてからですヨ!

isao : 2005/03/08 6:00 AM










-
管理者の承認待ちトラックバックです。
- : 2006/10/26 10:43 AM
天国の五人
天国の五人 (JUGEMレビュー »)
ミッチ・アルボム, 小田島 則子, 小田島 恒志

▲top